蓄電池システム

蓄電池システムについて

電気エネルギーを繰り返し貯蔵でき、必要に応じて蓄えた電気を取り出すことができるシステムです。
東日本大震災後の電力需要の安定化を目的に、平成23年3月11日から定置用リチウムイオン蓄電池の導入に対して国や一部の都道府県から補助金が提供されるようになりました。

災害対策の意識が高まっている昨今、非常時の電力確保に蓄電池を導入される家庭や企業、学校などの公共施設も増えており、太陽光発電だけでなく蓄電池にも注目が高まっています。

太陽光発電と蓄電池との連携

太陽光発電システムでは、雨天など日射量が少ない日や夜間には発電した電力は使用できないため、電気を購入しなければなりません。 発電した電力を貯めておくことができれば効率よく電気を回せます。蓄電池を使用することで発電した電気を貯めることが可能になります。

太陽光発電の電力を最大限に利用しようと思えば、蓄電池に貯めることでムダなく活用することは欠かせません。 購入電力を削減し、ピークシフトやピークカットを行って電力料金を抑えることも、蓄電池との連携することでより多くの効果が期待できます。

家賃外収入が生まれる

蓄電池があればピークシフト効果で夜間の安い電力を昼間に充てることができます。そのため、太陽光発電を設置していれば、昼間に発電した電力を使用せずに発電した電力をそのまま売電することも可能です。

蓄電池の中には設定した使用電力量になると自動的に蓄えた電力を使用するピークカット機能を搭載したものもあります。 蓄電池が高機能になることで、太陽光発電との連携がよりスムーズになります。

太陽光発電の容量と、電気使用量を4パターンに分類しています。これによって蓄電池や太陽光発電ご提案が変わります。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

蓄電池の導入メリット

蓄電池でも補助金が受けられます

蓄電池でも太陽光発電と同じく補助金が交付されています。
国から交付されている補助金は「蓄電システム購入金額と、機器毎に定められた目標価格との差額の2/3以内」となっており、都道府県や市区町村からも補助金が交付されている場合があります。 国からの交付には一般社団法人環境共創イニシアチブが定める制約があり、交付対象となる蓄電池も環境共創イニシアチブが認める定置用リチウムイオン蓄電池となります。

定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金

ピークシフト効果で節電

蓄電池を導入する際には、日中の電気料金単価を割増にする代わりに夜間の料金単価を大幅に安くする電力プランへ契約を変更する必要がありますが、この単価の安い電力を夜のうちに貯め、日中に放電することで光熱費の削減を図ることができます。
また、このような蓄電池の運用は電力需給のピークを緩和する「ピークシフト」とも呼ばれ、社会への貢献を感じながら省エネに取り組むことが可能となります。

蓄電池で非常時電力確保

オフィスや店舗でも、突然電源を切れると困る機器はあります。 停電や災害時などで電力供給が一時的でも切断されると事業に支障がきたすだけでなく、医療機関などでは大きな事故にも繋がります。 非常時や災害時のバックアップ電源として大きな役割を果たす蓄電池は、家庭だけでなく企業や医療、マンションを始め、さまざまな場所で活躍の場が広がっています。